美白にならない

美白対策をしているのに全然美白にならない秘密を暴露!

美白にならない

毎日日焼け止めを塗って、美白に良いと言われる成分も積極的に摂るようにしている!
美白対策をしているのに、全然美白にならない、むしろ余計にシミが目立って逆効果?なんて人、意外と多いのではないでしょうか?

 

中には、「美白対策を続けていたけど、効果がないから辞めてしまった・・・」という方もいるかもしれません。

 

せっかく続けていた美白対策を途中で辞めてしまうのはすごく勿体無いです
しっかりと美白対策をしているのにも関わらず、美白にならない理由をご紹介します。


美白になる人と美白にならない人の違いって知ってる?

美白にならない

 

毎日美白対策をしているのにも関わらず、美白にならない・・・と悩んでいる方に多いのが、

 

「美白=白くなる」という思い込みです

 

「美白」「白くなる」という言葉を聞くと、どうしても白くなるものだと思い込んでしまいがちです。
しかし、本来の地肌以上に白くすることはできない!というのが現実なのです

 

よく薬局やドラッグストアで販売されている美白化粧品は、正しく使い続ければ本来の地肌の色に戻すことは可能ですが、本来の地肌以上は白くすることができません。
「白くなる」という思い込みから、効果がまったくないように思いがちですが、間違った美白対策を行っていなければ、しっかりと美白対策の効果を得られているはずです!
今行っている美白対策に自信がない方のために、効果のある正しい美白対策法をご紹介します。


美白効果のある正しい美白対策って知ってる?

美白にならない

 

シミを作らずに白く戻すには、「美白ケア・ビタミンC摂取・紫外線対策」この3つが大切です

 

美白ケアには美白化粧水や美白乳液を使い、美白に効果があると言われているビタミンCを日頃から摂取するように心がけてみてください。
また、一番大切なのは、紫外線対策です。ジッテプラス 口コミを参考にすると良いかもしれません。

 

どれだけ、日頃から美白に良いと言われる成分を摂取していても、紫外線対策をしっかりと行っていなければ美白効果はなかなか実感できないでしょう。

 

外出するときは、日焼け止めを塗り、日差しが強い場合は、日焼け止めだけでなく、サングラスを着用するのがおすすめです。

 

紫外線対策というと、「日焼け止め」というイメージをお持ちの方が多いと思いますが、実は紫外線は目からも入ってきます。
ですので、目からの紫外線を防ぐためにサングラスを着用するように心がけてみてください。

 

美白にならない

 

そして、日焼けですぐに肌が黒くなってしまう!という方におすすめの食べ物が「バナナ」です
紫外線を浴びることで肌が酸化して黒くなります。これが「日焼け」です
抗酸化力の強いバナナを食べることで、日焼けしづらい肌になるというデータがあります。
ですので、日頃からバナナを摂取することで、日焼けを防ぐことができます。


メイク落とし

メイク落としは乾燥肌の人にとっては気を使いますよね。
化粧をしてもらった時、メイクアップアーティストさんから様々なタイプのメイクの落としの製品が出ていますが、一度変えてみてもいいですよと話してくれました。

 

 

乾燥肌の人は化粧落としをミルクタイプなどにすることです。

 

シートなどのふき取りタイプでは肌を傷つけてしまう可能性があるので決してやってはいけないことだそうです。

 

ミルクタイプのメイク落としを使ってミルクタイプのものを使ってみましょう。洗顔が肌を乾燥させる原因の一つです。

 

 

女性はクレンジングを使いメイクを落とし、さらに洗顔料で顔を洗います。

 

その一連の作業が皮膚に必要な油分まで洗い流していることが考えられます。

 

 

W洗顔は年齢を重ねた肌には、肌自身の油分が減っていくのでさらに乾燥しやすくしてしまいます。

 

よって洗顔後は保湿効果がある化粧水や乳液を利用してしっかりケアしましょう毛穴の黒ずみが気になる時は、十分に汚れが落ちていない可能性があります。

 

化粧品や汚れが詰まってしまい、クレンジングでよく落とし切れていないと、毛穴がつまったままになってしまいます。ほんの少しのベビーパウダーを洗顔料などに混ぜてからベビーパウダーが役立ちます。
スクラブ洗顔になるので良く泡立ててからうとがっしりと落としてくれるのです。

 

日常生活では入浴により肌が乾燥します。健康や美容の面から入浴は必要ですが、入浴の仕方で乾燥肌になっていることがあります。
入浴で乾燥肌を防ぐためのポイントは1.温度の高いシャワーや入浴と長い時間入浴はせず設定温度は38~39℃に決めて入浴は20分以内にする事。

 

 

2.こすりすぎ、洗いすぎに注意すること。

 

タオルでごしごしせず石鹸をよく泡立て優しく洗う。

 

 

 

3.お風呂上りのケア徐々に肌の表面から水分がなくなるため、早急に保湿します。

 

 

 

妊娠線ができたら最後、消す事はできない!という話を聞いたことがあったので妊娠線ができないように妊娠初期から様々な事をしていました。

 

妊娠線は大きくなるお腹周りや太ももに現れやすいので、伸びのいいボディミルクやオイルを毎日忘れる事なく入浴後に使用するようにしていました。

 

 

 

使用したボディケア用品は低刺激で妊婦でも安心して使えるものでした。そのおかげで妊娠線ができることはなかったです!今は産後3ヶ月になりますが、引き続きボディケア用品を使ってお腹をマッサージしています。

 

 

 

30代40代と年を重ねていくとお肌の状況は季節の影響を受けます。
生理前は特に吹き出物が出てきたり、お肌も乾燥します。
自分の肌に段々と自信が持てなくなってしまいます。
普段から洗顔や基礎化粧品でもケアをこまめにしたり、果物や野菜ジュースで栄養摂取していますが肌荒れの時期に近づいてくるとサプリでビタミンを飲んでみたりと思いつく限りの努力はしています。乾燥肌が気になってくると、念入りに保湿しようとするあまり肌ケア商品をつけすぎる事があります。
あるコスメ企業で、本格的なメイクアップを受けたことがあり、プロのメイクさんから乾燥肌ならクレンジングの仕方を見直してみたほうが良いと教えて頂きました。
肌の乾燥が気になる方はメイク落としを肌に負荷を掛けにくいミルクタイプのものにすると良いそうです。
拭き取るだけだメイクの落ちるコットンタイプの商品もありますが、肌にかかる負荷が大きく肌荒れの元になるため絶対に使わないほうが肌にとって良いそうです。

 

ミルク状のメイク落としを使って乾燥肌とおさらばしましょう。

 

 

カサカサと乾燥しがちな頬に、テカテカと脂が光ってしまう額…一般的に混合肌と呼ばれていますが、適当にスキンケアするのではなく「洗顔は泡でふんわり優しく洗い、その後はすぐに保水と保湿」というお肌のお手入れの基本を忠実にきちんと念入りに、スピーディに行って改善しました。自分の肌の状態を理解した上で様々なスキンケア化粧品を収集することも大切かもしれませんが、それは「基本がしっかり出来ている」ことが前提なんだなぁ…と実感。

 

なんだか偉そうなことを言ってますが適当に済ませてしまう時も当然あるのですが、当然お肌は不安定な状態に逆戻りです…基本を忘れずに!の心掛けが大事!肌が乾燥するとゴワゴワし洗顔後や寝起きではケアで対策しましょう。食生活と保湿は美肌の基本です。
ビタミンやミネラルのあるものを食べましょう。
そのため野菜やフルーツは欠かせません。お水をたくさん飲みます。そして化粧水の後にはきっちりとそれらをフタをするためにクリームや美容液などを確実につけるのです。アンプルール 効果

 

 

 

毎日のケアで乾燥肌の不快な症状を補給してあげることが大事なのです。30歳を過ぎた頃から、くすみ、たるみといったものが肌年齢として現れてきました。
エイジングケアを始めるのなら今だ、と顔のマッサージを取り入れるようにしました。

 

 

同時に、食生活の内容やサプリメントを見直して、体の内側から肌が綺麗になるようにしました。
こうした取り組みが功を成し、ニキビもできにくくなり、見た感じでもたるんでいたお肌が少し張りを取り戻したように見えます。くすみがちだった肌色も少し良くなったので、老いていくお肌に早めのケアをしたからこその成果だと思っています。